正中線と妊娠線

MENU

正中線とは?

正中線と妊娠線


妊娠線と並んで妊婦さんが気になるのが「正中線」ですね。

これは、おへそに沿ってたてにくっきりと入る線のこと。
妊娠中は、ホルモンのバランスが崩れて、メラニン色素が増えてくるので、これが目立ってくるんですね。

妊娠線と、正中線はぜんぜん別のものです。
正中線は、メラニンが増えることによって目立ってくるだけのこと。

妊娠線は、急激にお腹が大きくなることで、皮膚が引っ張られてしまい、皮膚細胞が避けてしまってでてくる線。

妊娠線は、皮膚が悲鳴を上げているので、しっかりとケアしてあげないとあとあと取れにくい「線」ですが、正中線は、ホルモンバランスの崩れによるメラニン色素の沈着が原因なので、出産後だんだんと薄くなってきます。
妊娠中は、乳首も黒くなりますが、それと同じことなので、時間とともに落ち着いてきます。

要は、メラニンの蓄積なので、お肌のターンオーバーとともにだんだん薄くなってくるのですが、
どうしても気になるようであれば、乳首ケア用の美白クリームなども有効です。